2008年04月10日

痩せるために、あと一時間睡眠を。

かわいい「やせるためにはあと1時間睡眠を」
フランス国立衛生医学研究所による研究報告


【4月9日 AFP】あと1時間長く寝ることが、過体重や肥満防止の「鍵」かもしれない。
フランス国立衛生医学研究所(National Institute for Health and Medical Research、INSERM)の研究チームが、このような研究結果を発表したそうです。

チームの神経科学者Karine Spiegel氏は「もっと寝ることが体重減少や維持には理想的な方法かも知れない」と指摘する。

粗悪な食習慣や運動不足が世界的な肥満増加の原因であることは間違いないが、最近の研究では、睡眠不足も原因の1つであることが示されている。

■ホルモンの変化で食欲増進、甘いものが食べたくなる

INSERMの研究によると、7か国で多数の人を対象に行われた約30件の調査で、子ども、成人の双方で、睡眠不足と過体重または肥満の関連性が指摘されているという。

1992年にフランスで実施された最初の調査では、10代以下の子どもの問題に焦点が当てられている。
Spiegel氏によると、20世紀後半に米国で肥満が増えたことも、睡眠時間の減少と一致している。

これには食欲を制御する2つのホルモンが関係しているという。
睡眠不足(4時間睡眠を2日)によって、食欲を抑制するホルモン「レプチン」が18%減少する。
一方、食欲を増進させるホルモン「グレリン」が28%増加することが明らかになった。
このようなホルモンバランスの変化により、ビスケット、ケーキ、ピーナツなど、脂肪や糖分の多い食品を欲するようになる。

睡眠不足によって空腹感が23-24%増すという。
これにより1日に食べる量が350-500キロカロリー分、余分に増え、座っていることが多い若い世代の成人の体重を大幅に増やす原因になるという。

■子どもの肥満防止には睡眠を

米ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院(Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health)の研究チームが2月に発表した研究では、睡眠不足の子どもはそうでない子どもより肥満になるリスクが高いことが示されている。

チームは、睡眠時間と子ども時代の肥満に関する研究17件を分析した。

その結果、1時間長く寝ることで、過体重または肥満になる確率が9%減少。
逆に、睡眠時間が少ない子どもが過体重または肥満になる確率は、睡眠時間が十分の子どもに比べて92%も高くなることが分かったという。

研究の著者の1人Youfa Wang氏は「研究は子どもの睡眠時間と過体重または肥満との明らかな関連性を示している。睡眠時間を増やすことでリスクは減少する」としている。
「子ども時代の肥満を避けるためには、望ましい睡眠習慣が安価で重要な方法かも知れない」と指摘する。

調査対象となった複数の研究では、1日の理想的な睡眠時間として、5歳未満は11時間以上、5歳以上10歳未満は10時間以上、10歳以上は9時間以上とされている。(c)AFP

ホルモンが関係して食欲を増進させたりするんですね。
確かに遅くまで起きていたりすると、甘いものが食べたくなってきたり・・・。
いけませんね。
私は夜遅くまで起きていることが多いので、生活リズムを変えていかなければ。

朝は遅くまで寝ているわけにはいかないので、夜は一時間早く寝るようにしたいです。
実行したら痩せるかな??期待します手(グー)


★クチコミブログランキングへ
posted by レイ at 01:10| Comment(42) | TrackBack(2) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。